×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 


2007年の映画「トランスフォーマー」に登場する
軍人サイドの主人公格・レノックス大尉
彼がG.I.JOEとのクロスオーバータイトル由来のキャラクターというのは有名なお話ですが
実はセクター7の捜査官・シモンズにも元ネタが存在する事は意外に知られていません。
それがこの1967年に放映された空想特撮番組セクターセブンです。

地球を訪れたある異星人。
彼はそこで目にした地球の青年ジョン・タトゥーロの勇敢な行動に胸を打たれ
その姿を借り「シモンズ」を名乗って防衛組織セクター警備隊に入隊します。

( 余談ですが、映画トランスフォーマーにて写真で登場する オリジナル7 は彼らセクター警備隊が元ネタです )

しかしセクター警備隊では太刀打ち出来ぬ脅威が迫った時、
シモンズは本来の姿に戻り邪悪な侵略者達と戦います。
そしてセクター警備隊の面々は彼をこう呼びます。
セクター警備隊7番目の隊員 セクターセブン
と…



セクター7の「セブン」という言葉の響きだけで思い付いたくだらなネタです
もちろん純度100%の大嘘です